良い住宅を作る 地元工務店の協会 地域工務店ネットワーク

日本建築の美を追求。 総ヒノキ仕上げの安らぎと癒し

  • HOME »
  • 日本建築の美を追求。 総ヒノキ仕上げの安らぎと癒し

Case 5

   高い技術を持つ職人たちが、手間を惜しまず、伝統的な日本建築の知恵と腕で造りあげた本格木造住宅です。外観は数寄屋風の平屋造りで、表門と外塀を組み合わせて凛とした佇まいに仕上げました。玄関に足を踏み入れると、まるで料亭や温泉旅館の“ 次の間 ”を思わせる優雅なスペースが現れます。構造躯体にはマツ、室内には厳選した国産材をふんだんに使用し、リビング床や天井などの仕上げ材は全てヒノキという贅沢な造り。 壁は塗り壁仕上げで安らぎと癒しの空間を演出しています。

   なかでも重要視したのは建具。建具は住まい全体の印象や、仕上がりの美しさを大きく左右するため、全てオーダーメードとしました。 収まりのよいサイズや空間に調和するデザインなど、ディテールまで気配りしながら棟梁自らが設計したオンリーワン。和室はもちろん洋の空間にも障子や格子など和のデザインを取り入れ、伝統的な手法ながらも現代の生活に合う住まいを実現しています。

PAGETOP
Copyright © (一社)宮城県優良住宅協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.