スライドショーには JavaScript が必要です。

 

項目内容
施主A様邸、多賀城市
竣工時期2016年7月
面積建築面積:64.61㎡
延床面積:174.00㎡
構造、工法混構造(1階:RC造、2・3階:木造)
価格坪単価60万円
特徴建設地は、東日本大震災の津波浸水区域(床上浸水)である。移転する選択肢はあったが、住み慣れた土地は離れがたく建て替えを決断。何より重視したのは、津波・地震対策である。ご予算・敷地条件を考慮し、混構造3階建てを選択。地震の揺れは木造2階建て程度、津波浸水時は木造の弱点である水・軽さを1階RC造にする事で補い、敷地を最大限利用することができた。デザインは、ご主人好みの和モダン。無駄を削ぎ落としたシンプルな納めに努めました。